ポイントを抑えれば失敗しない!結婚指輪を選ぶ時のコツ

常時装着することを念頭に置いて選ぶべし

結婚指輪は、常に身に付けるものになります。ですから、装着感が悪いものは選ばない方が良いでしょう。指輪をつけたままで生活がしやすいかどうかを念頭に置いて選べば、大きな失敗は回避できるのではないでしょうか。ポイントとしては、立派な石が付いているものは避けておいた方が良いでしょう。ダイヤモンドを付けたいなら、出っ張らないように指輪の中に埋め込むのがいいですね。そうすれば、服に引っかかってしまうこともないですし、間違って体を傷つけることもなくなります。

主婦なら炊事洗濯をする機会が多い点に注意

結婚相手が主婦をする予定なら、腐食に強い素材の結婚指輪を選ばなければなりません。具体的にはプラチナが候補に上がってきます。確かにゴールドも腐食には強いのですが、プラチナのほうが強度が強いので傷がつきにくいです。ゴールドはいいものは柔らかいという特徴を持っているので、長期的に装着することになる結婚指輪ではあまり選ばれません。派手でない点もプラチナの魅力でしょう。お葬式の日に付けていてもプラチナならまったく問題がありません。

無理なく新婚生活がスタートできる値段がベスト

最も重要なことは、値段が自分たちに合っているかということです。あまりにも高すぎるものを結婚指輪に選んでしまうと、付け心地が悪く感じてしまうこともあります。自分たちの身の丈に合った値段の結婚指輪なら、精神的にプレッシャーを感じることもなく、ごくごく普通に生活がしていけます。あまりにも高級すぎると、傷がついたときにショックも大きいですし、安心して暮らせなくなる可能性がある点に注意です。安くても高くても、愛があれば大丈夫なので自信を持ちましょう。

結婚指輪の人気デザインは、ダイヤモンドが入っているものやベーシックで流行を問わないデザインなどです。

Separator image